nonbiri nohohon

|
瀬戸内JAMというイベントが東京事変好きには堪らない内容で最高だった!
Date:
2022.2.23(水・祝)
Place:
宇野港第⼀突堤緑地(玉野市)

玉野の宇野港の広場で開催された無料イベント「瀬戸内JAM」に夫と行ってきました。ボルダリングと音楽の祭典ということで開催されたイベントらしいです。

ボルダリングの方はなんと東京2020オリンピックのメダリスト野口啓代さんのトークショーとボルダリング教室。音楽の方はあっぱ、TENDRE、須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETの3組のライブ!

なのに無料。お金とってもいいレベルでしょう。贅沢すぎる。

スポンサーリンク

なぜ東京事変好きには堪らないのかというと、あっぱの伊澤さんとGATALIの長岡さんといえば東京事変のメンバーなのです。お2人の演奏を大きな会場じゃなく地元岡山のこじんまりとした場所で聴けるなんて!

TENDREもよく聴いているし、SAKEROCKも大好きだったし、このイベントのことを知った時は、え?これが無料!?マジか!!ってなりました。

この日は風が強くて気温もほとんど上がらない1日だったので、真冬の海沿いってただでさえ寒いのに、終始冷たい海風にあたり身体の芯まで冷えました。午後になると小雨も降り始めてたし。

防寒対策ばっちりで臨んでも凍えるほどだったのに、ステージ上で風に晒されながらナマ手で演奏しなければいけないミュージシャンって、過酷だ・・・。

あっぱは一度ライブで観てみたいと何年も前から思ってて、思いがけずこんな形で叶ってしまいました。

洗練されたアレンジと予想を裏切るコード進行。伊澤さんのピアノってずっと聴いていたくなるやつなのです。昨年サブスクでやっと1枚だけアルバムが解禁されたのでよく聴いていましたが、断然ライブだな。ほんと、かっこいい。

伊澤さんはオープニングアクトの玉野高校吹奏楽部有志のステージにも1曲ゲスト参加していて、高校生たちの演奏ももちろん素晴らしかったけど、伊澤さんのピアノが入るだけで一気にプロの演奏に変わるんだなーと思いながら聴きました。高校生たち、いい経験できたよねえ。うらやましい。

TENDREは先日ONE PARK FESTIVALのダイジェストを観たばかりだったので同じようなバンド編成かなと思ったら、お一人でゆったりチルな鍵盤弾き語りスタイルでした。

しかしTENDREのときが一番海風が強かった!何の曲だったか忘れたけどあまりに寒かったのか曲名が「カイロ」に変わり、とにかく寒いことを切々と訴える替え歌になっていたのには気の毒だけど笑ってしまったよ。

いつの日か、快適な環境でもう一度聴いてみたいです。次はバンド編成がいいな。岡山に来てほしい!

3組目「須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET」はボーカルが髭(HiGE)の須藤寿、ギターに長岡亮介(ペトロールズ/東京事変)、會田茂一(ex.EL-MALO)、ベースにケイタイモ(WUJABINBIN/ex.BEAT CRUSADERS)、ドラムに伊藤大地(グッドラックヘイワ/ex.SAKEROCK) と、これまた豪華なバンド。

髭の懐かしい曲(サンシャインとかテキーラテキーラとか)もやっていました。お初でしたが、GATALIのライブって楽しいね!

 

ボルダリングの方はお子さんメインのようだったので、私たちはチラッと会場に近づいただけでしたが、この日、友人一家も遊びに来ていて、ボルダリング好き小3女子は野口さんの教室で直接教えてもらったらしいです。すごい経験だ!

勝手に親戚のおばちゃん的立ち位置で見守っていたときの写真 ↓

 

地元のニュース映像です ↓

こんな贅沢なイベントが岡山で開催されたなんて、今思い出しても夢のよう。

欲を言えばもう少し暖かい日に穏やかな海風を感じながらリラックスして聴きたかった。同じ会場同じラインナップで、春・秋にまたやってくれないかな(切望)

 

瀬戸内をのぼろう

https://setouchi-climbing.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク